poderosa,winscpでSSH接続を公開鍵方式をする設定のメモ

4127 回閲覧 このエントリーをはてなブックマークする この記事のブックマークユーザー 永続的リンク2008/01/23 19:55:11 カテゴリ: サーバー関係, その他(開発関係とか)
スポンサード リンク

 poderosa,winscpでSSH接続を公開鍵方式にするときの各種設定と、やることをメモメモ。

まずpoderosa。

・ツールのSSH鍵作成ウィザードより公開鍵と秘密鍵を作成する。
今回は、アルゴリズムは「DSA」ビット数を「768」にした。
・秘密鍵、公開鍵を任意の場所に保存

winscp

すべてのプログラム→winscp3→key tools→PuTTYgen

PuTTY Key Generatorが立ち上がったらconversionのImport keyからpoderosaで作成した秘密鍵のファイルをImportする。

parametersはpoderosaと同じ。

save private keyを押して、winscp用の秘密鍵を作成

ここまででクライアント側はOK!
サーバーの設定

自分のユーザのところです、

mkdir .ssh

vi .ssh/authorized_keys


に公開鍵の中身を保存

chmod 700 .ssh
chmod 600 .ssh/authorized_keys


これで公開鍵方式での接続が可能になった。

今まではパスワード認証だったので、その認証を出来なくするのは
/etc/ssh/sshd_config で以下のように yesをnoに変更する。

PasswordAuthentication no






 →ツイッターのフォローはこちら
スポンサード リンク
         

関連記事

↑ページ上部へ

アクセスカウンター

今日 : 28 昨日 : 3

ブログ内容

主にウェブ関係のことを書いてます。たまにブレイクダンスとか他のことも書いています。

プロフィール

MICK

MICKです。

1983年1月24日生まれ。ウェブの世界にいるのは、偶然のようで必然なのかも。

好きなこと :
 挑戦すること。物事に没頭すること。勉強すること。
嫌いなこと :
 自慢話を聞くこと。人の悪口を言うこと。

運営サイト

      

カテゴリ一覧

サイト広告

オススメの書籍とか

感想

紹介

色々

最近のコメント

最新記事

注目記事

人気記事

最近の人気記事

人気の記事

関連サイト

運営サイト

色々

最近のトラックバック