yum -y upgrade後のrebootでkernel panic・・・><

2292 回閲覧 このエントリーをはてなブックマークする この記事のブックマークユーザー 永続的リンク2008/02/03 01:46:12 カテゴリ: サーバー関係
スポンサード リンク

 yum -y upgradeでパッケージを最新のものにし、サーバーを再起動するとkernel panicのメッセージがでる。

とりあえず、/etc/sysconfig/kernelを

# UPDATEDEFAULT specifies if new-kernel-pkg should make
# new kernels the default
#UPDATEDEFAULT=yes
UPDATEDEFAULT=no  
# DEFAULTKERNEL specifies the default kernel package type
DEFAULTKERNEL=kernel-smp

に変更した。
変更点は、UPDATEDEFAULT=noを加える

これにより、kernelをインストールしてもデフォルトで起動するkernelは古いままなので、karnel panicはおきなくなった。

これでいいのかなぁ。

参考サイト
その他、kernel panic関係・設定とか

Linux で kernel panic に備えた設定をしてみるが・・・
http://www.drk7.jp/MT/archives/001147.html

カーネルパニックで自動リブートの設定、教えます


 →ツイッターのフォローはこちら
スポンサード リンク
         

関連記事

↑ページ上部へ

アクセスカウンター

今日 : 1 昨日 : 11

ブログ内容

主にウェブ関係のことを書いてます。たまにブレイクダンスとか他のことも書いています。

プロフィール

MICK

MICKです。

1983年1月24日生まれ。ウェブの世界にいるのは、偶然のようで必然なのかも。

好きなこと :
 挑戦すること。物事に没頭すること。勉強すること。
嫌いなこと :
 自慢話を聞くこと。人の悪口を言うこと。

運営サイト

      

カテゴリ一覧

サイト広告

オススメの書籍とか

感想

紹介

色々

最近のコメント

最新記事

注目記事

人気記事

最近の人気記事

人気の記事

関連サイト

運営サイト

色々

最近のトラックバック