どうしても寝れない夜に眠るためにする5つの方法

49511 回閲覧 このエントリーをはてなブックマークする この記事のブックマークユーザー 永続的リンク2008/04/03 22:22:24 カテゴリ: その他, 雑学
スポンサード リンク

夜


寝たいのに眠れないそんなつらい夜・・・・。
不眠症なのか自分は・・・と思う日々。←そこまではないかな><


個人的に有効だと思う5つの方法を書いてみようと思います。
※あくまで個人的な感想です。ホントに個人的な・・・。


熟睡方法・寝つきが良くなる方法をご存じの方はコメント頂けるとうれしいです♪

眠れない夜は・・・

 最近は布団に入れば眠れますwww。しかし、一時期「寝ようとしても、寝付けない」という時期がありました。(昼まで寝ていて夜眠れないということではないですよ)朝しっかり起きて、一日活動し規則正しい生活をしているにも関わらず・・・。


一番の原因は

 布団の中で、脳が活発に動き出すこと。
いざ寝ようと思い布団に入ると、色々考える・色々思いつく。→テンションが上がる・興奮する(誤解しないでくださいww)→考えが発展していく。という連鎖に陥るんです。


こうなると大変で、しばらく寝れません。最悪徹夜を覚悟します。


こんな経験をしてたので、最近寝れない時はいくつか試すことがあります♪
正直どれも力技な感じ??です。


目的は、考えのループを止めることその方法は以下。

睡魔を呼び寄せる方法

  1. お酒を飲む
  2. お腹いっぱいになる
  3. 興味のない本かつ難しい本を読む
  4. 思い切って寝ないでおこうと決める
  5. ○○○をする

要するに、脳の活動を抑制し、思考を停止させるわけですww
てか普通だし・・。睡眠成功率が一番高いのが2のお腹いっぱいになるです。
ちなみに、

  • 寝酒はよくないです。飲みすぎてもテンションあがります。
  • ご飯を食べると眠くなるのを利用します。ただ太りますOTZ
  • 面白い本だとのめり込むので眠れなくなります。
  • 寝ないでおこう思ってしばらくすると、普通に睡魔に襲われます。
  • ○○○はご想像にお任せします


どうしてもって時は上記を試してみては(笑)
でも基本的には以下が良いと思います。

上記の方法をしなくても良いように

  • 起きたら太陽の光を浴びること(体内時計を毎日正しくセットする)。
  • 夕方以降は激しい運動をしない(神経を高ぶらせる)。日中の適度な運動は不眠症に効果的。
  • 寝る直前にストレッチをする(やりすぎると上の例のように神経を高ぶらせるので注意)。
  • 眠くなってから床に就く。就床時刻にこだわりすぎない。
  • 温かい牛乳を寝る前に飲む。
  • カフェイン(お茶・コーヒー・チョコレート・コーラ)などの刺激物を制限する。または取らない。
  • 禁煙する(寝ていてもニコチンが切れると神経が高ぶる)。
  • ゲーム・テレビ・インターネット・音楽などは脳への刺激が強いので寝る1時間前にはしない。
  • 暑ければ部屋を涼しくし頭を冷やす(首は冷えると頭が冴えるから逆効果)。
  • 筋弛緩トレーニング
  • 睡眠導入剤の代わりの寝酒は、不眠のもとになるので避ける(睡眠が浅くなる。耐性により量が増えてゆく)。
  • 寝具特に枕を変える。
  • 寝る前には楽しいことだけをする。

(参照:不眠症 治療 Wikipedia

関連リンク

 →ツイッターのフォローはこちら
スポンサード リンク
         

関連記事

↑ページ上部へ

アクセスカウンター

今日 : 1 昨日 : 11

ブログ内容

主にウェブ関係のことを書いてます。たまにブレイクダンスとか他のことも書いています。

プロフィール

MICK

MICKです。

1983年1月24日生まれ。ウェブの世界にいるのは、偶然のようで必然なのかも。

好きなこと :
 挑戦すること。物事に没頭すること。勉強すること。
嫌いなこと :
 自慢話を聞くこと。人の悪口を言うこと。

運営サイト

      

カテゴリ一覧

サイト広告

オススメの書籍とか

感想

紹介

色々

最近のコメント

最新記事

注目記事

人気記事

最近の人気記事

人気の記事

関連サイト

運営サイト

色々

最近のトラックバック