第4回SE勉強会レポート@高蔵寺

922 回閲覧 このエントリーをはてなブックマークする この記事のブックマークユーザー 永続的リンク2008/04/07 01:07:18 カテゴリ: PHP, CakePHP, 勉強会
スポンサード リンク

http://se16.blog16.jp/

 本日第4回SE勉強会に参加しました。今回の参加人数は一番多かったですね。
合計で9人??だったと思います。午後より初級と中級にわかれて進められました。


自分の今日の流れ以下。

  1. 宿題発表
  2. CakePHPのキャッシュ機能について
  3. チームで開発しよう

宿題

[お題] 言語 : PHP / 想定コーディング時間:10~20分程度
ランダムな英数字のパスワードを自動生成する。
パスワードの仕様は
▽8文字
▽英大文字・英小文字・数字をそれぞれ少なくとも1つずつは含む
▽紛らわしい文字は含めない(例:0「ゼロ」とO「オー」)
▽実行するたびに異なるパスワードが生成される

です。

自分が作ったもので、微妙なところ。

  • 紛らわしいのを消すのを忘れてた。
  • 一応仕様には沿ってるけど、パターンは少ない
//文字列をシャッフル
$fig = str_shuffle("123456789");
$small = str_shuffle("abcdefghijklmnpqrstuvwxyz");// o はなし
$big = str_shuffle(strtoupper($small));

//英小文字、英大文字、数字をそれぞれ一文字取得
$str_3 = substr($fig,-1) . substr($small,-1). substr($big,-1);
$shuffle_5 = substr(str_shuffle($fig.$small.$big) , -5);

echo "パスワード:" . str_shuffle($str_3 . $shuffle_5);

$shuffle_5には、連結した文字列をシャフルして最後の5文字をとってます。ただ、

substr(str_shuffle($fig.$small.$big) , -1)

みたいに1文字づつ取得×5じゃないとパターンは少ないですね・・・。

CakePHPキャシュ機能について

 あつさんより発表がありました。
まだ使っていなかったので、今後キャッシュ機能を活用していきます。

チームで開発

前回の続きでした。

最近使っているアソシエーションを動的に変更するの方法を言い出したわりに、理解度が浅かったので、作業を止めてしまったので反省。


自分的には、もっと集中しつつ、リラックスして、周りをみて皆さんから色々吸収していかなあかんなと深く反省。
色々反省はあるけど、これをしっかり次回に生かすことが大事ですね。


 →ツイッターのフォローはこちら
スポンサード リンク
         

関連記事

↑ページ上部へ

アクセスカウンター

今日 : 5 昨日 : 16

ブログ内容

主にウェブ関係のことを書いてます。たまにブレイクダンスとか他のことも書いています。

プロフィール

MICK

MICKです。

1983年1月24日生まれ。ウェブの世界にいるのは、偶然のようで必然なのかも。

好きなこと :
 挑戦すること。物事に没頭すること。勉強すること。
嫌いなこと :
 自慢話を聞くこと。人の悪口を言うこと。

運営サイト

      

カテゴリ一覧

サイト広告

オススメの書籍とか

感想

紹介

色々

最近のコメント

最新記事

注目記事

人気記事

最近の人気記事

人気の記事

関連サイト

運営サイト

色々

最近のトラックバック