b2evolutionのインストール・日本語化・設定など

6844 回閲覧 このエントリーをはてなブックマークする この記事のブックマークユーザー 永続的リンク2008/05/01 16:16:30 カテゴリ: b2evolution
スポンサード リンク
b2evolution.net

オープンソースのブログシステムb2evolutionを日本語化してインストールする時のメモ。
今回インストールしてみたのは、現在(2008年4月30日)の最新版2.4.2。
サーバーはxrea.com を使った。

b2evolutionとは

  • オープンソースのブログシステム
  • 複数の言語に対応している
  • 複数ユーザの管理が可能
  • 複数ブログの管理が可能
  • PHPで書かれている
  • データベースはMySQL
  • ライセンスはGPL

※日本語も対応しているが、不具合がある。(日本語化のためのパッチがある)
その他機能としてで

  • スパム排除
  • アクセス解析
  • ファイル管理
  • スキン管理
  • プラグイン
  • コンテンツ管理

など。

参考)Wikipedia b2evolution

必要な環境

  • PHPのバージョンが4.1以上
  • MySQLのバージョンが3.23以上
  • b2evolutionを利用するためのデータベース

b2evolutioで利用するデータベースはあらかじめ作成しておく。

※1つのデータベースで複数のb2evolutionを利用するためにテーブルの先頭に任意の文字をつけて区別が可能。デフォルトは「evo_」

インストール手順

本家サイトインストール手順:Install b2evolution

  1. b2evolutionよりファイルをダウンロード・解凍する。
  2. 日本語対応をする
  3. サーバーへファイルのアップロード
  4. パーミッションの設定
  5. インストール
  6. インストール後

以下、手順の詳細。


1,ファイルのダウンロード


本家b2evolutionのdownloadよりファイルをダウンロード・解凍する。
※過去のバージョンは「Release history」より


2、日本語化のための作業をする


b2evolution 2.4.2 の日本語周りの改造」にて文字化けについての詳しい説明がされています。
 また日本語化のための改造差し替えファイル、日本語メッセージファイルも公開されています。(感謝)
上記サイトの手順通りに

  • 改造差し替えファイルを元のファイルと差し替える
  • 日本語メッセージファイル(1.8.x用)を[blogs/locales]に展開する

3、サーバーにファイルをアップロードする


blogsディレクトリの中身をサーバーにアップロードします。

http://www.example.com/に設置したい場合

blogsディレクトリの中身をルートディレクトリへアップロードする。

http://www.example.com/test/に設置する場合

ウェブサーバーの「/test」(サブディレクトリ)にblogsディレクトリの中身をアップロードする。


4、パーミッションの設定


※パーミッションは利用するサーバーの指示に従ってください。
※/blogsにファイルをアップロードした時の場合

  1. インストール時に利用するデータベースなどを設定する場合 /blogs/conf/_basic_config.phpをウェブサーバが書き込めるようにする必要がある。666に変更する。
    (※パーミッションを変えていないと、インストール時に手動で設定するか自動で設定するか聞かれる)
  2. 管理画面より静的ファイルを作成する場合、
    /blogsディレクトリのファイルの作成を権限与える 777に変更。
  3. ファイルのアップロード、ディレクトリの作成など

    /blogs/media/blogs/media/blogsのパーミッション変更 :777

  4. 管理画面よりcustom skinを変更するために
    /blogs/skins/custom/以下を666に変更。
    /blogs/skins/custom/img/755

※XREA.COMの場合モジュール版だとセーフモードがONのため、パーミッションを変更しても正しく動かない。
PHPをCGIとして動かす方法を使って、とりあえずイントールディレクトリに.htaccessを設置した。


5、インストール


ルートディレクトリにアップロードした場合は、以下のURLよりインストールを開始する。
http://www.example.com/install
又は、
http://www.example.com/install/index.php

b2evolution インストール画面


必要な項目を入力して次へ。
画面下にある、デフォルトの言語 / 言語・地域設定で日本語を選択しておく


※ここで「/conf/_basic_config.php」のパーミッションを設定していないと以下の画面になる。

インストール2


設定ファイルの更新が完了すると「新規でインストール」か「アップグレード」するか聞かれます。

インストール3


今回は新規でインストールなので「New Install」にチェック。サンプルも見たかったのでチェック。


インストールに成功すると以下の画面になる。

インストール4


以上でインストールが終了しました。
インストールされたものが動作しているのを確認して下さい。


一番下に、管理画面へのログインID,パスワードがあります。
「log in」のリンクからログインする。

※日本語メッセージファイルが1.8.x用なので日本語になっていない部分もあります。必要に応じて[locales/ja_JP/_global.php]に日本語に変更したいメッセージを指定すれば日本語に置き換えられます。


5、インストール後

  • 公開サーバでは、/install サブフォルダを削除する
  • .htaccessの設定(まだやってません。)


その他詳細は、本家マニュアルを参照

参考サイト




 →ツイッターのフォローはこちら
スポンサード リンク
         

関連記事

↑ページ上部へ

アクセスカウンター

今日 : 340 昨日 : 108

ブログ内容

主にウェブ関係のことを書いてます。たまにブレイクダンスとか他のことも書いています。

プロフィール

MICK

MICKです。

1983年1月24日生まれ。ウェブの世界にいるのは、偶然のようで必然なのかも。

好きなこと :
 挑戦すること。物事に没頭すること。勉強すること。
嫌いなこと :
 自慢話を聞くこと。人の悪口を言うこと。

運営サイト

      

カテゴリ一覧

サイト広告

オススメの書籍とか

感想

紹介

色々

最近のコメント

最新記事

注目記事

人気記事

最近の人気記事

人気の記事

関連サイト

運営サイト

色々

最近のトラックバック