CakePHPとXmlとSet::reverseでundefined [メモ]

2492 回閲覧 このエントリーをはてなブックマークする この記事のブックマークユーザー 永続的リンク2009/01/19 04:58:59 カテゴリ: CakePHP
スポンサード リンク
CakePHP



CakePHPでXMLを扱う時に便利で

App::import('Core,'Xml');
$xml   = new Xml('http://www.example.com');    
$xml   =  Set::reverse($xml);  

こんな風に書くことが出来るということ。

Set::reverse()で値がないと、camelizeされてしまうようです。


だからループとかすると、undefinedが大量に出てしまうorz


詳しいことは、xmlを扱う時の注意点 CakePHPクッキングを見るといいと思います。

 →ツイッターのフォローはこちら
スポンサード リンク
         

関連記事

↑ページ上部へ

アクセスカウンター

今日 : 1 昨日 : 2

ブログ内容

主にウェブ関係のことを書いてます。たまにブレイクダンスとか他のことも書いています。

プロフィール

MICK

MICKです。

1983年1月24日生まれ。ウェブの世界にいるのは、偶然のようで必然なのかも。

好きなこと :
 挑戦すること。物事に没頭すること。勉強すること。
嫌いなこと :
 自慢話を聞くこと。人の悪口を言うこと。

運営サイト

      

カテゴリ一覧

サイト広告

オススメの書籍とか

感想

紹介

色々

最近のコメント

最新記事

注目記事

人気記事

最近の人気記事

人気の記事

関連サイト

運営サイト

色々

最近のトラックバック