海賊と呼ばれた男が面白い

631 回閲覧 このエントリーをはてなブックマークする この記事のブックマークユーザー 永続的リンク2013/08/24 00:18:39 カテゴリ: 最近の出来事
スポンサード リンク

最近ブログをたまに更新したと思えば、呼んだ本を書くという状態ですね。
良かったなぁと思う本しか書いていないと思うので、後で読み返すと備忘録としてちょうど良いです。


すすめられました

顧問税理士でとてもお世話になっている会計事務所の所長にすすめてもらいました。
基本的に経営関係の本しか最近は読まないといっていて、最近読んでおもしろい本がこの「海賊とよばれた男 上」。


出光の創始者のお話し


海賊とよばれた男(百田尚樹著)は主人公・国岡鐡造(出光興産の創業者・出光佐三)と1953年(昭和28年)にイランから石油を輸入した「日章丸事件」をモデルとした小説です。2013年の本屋大賞だそうです。


思ったこと

あまり読書感想文を書くのは得意ではないので、細かく書きませんが、以前呼んだ小説上杉鷹山の時ぐらいがっつりのめり込みました。


国岡鐡造という人物、経営理念
タイムカードなし クビもしない 定年もない
モチベーション高く働く従業員たち
第二次世界大戦や戦後の日本で石油ビジネスを取り巻く環境
日本国民のためという一貫した姿勢


明治維新の時の坂本龍馬、上杉鷹山、国岡鐡造この辺りの話しには共通するところがあるように思う。
大きな視点でより人々の生活を豊かに幸せに過ごせるように願い行動する。
自分だけ良ければ、自分の会社だけ良ければという小さな考えでなく、
やはり大きな視野で物事を判断することが、長い目で物事を見定めていくことに気付かされた気がします。






 →ツイッターのフォローはこちら
スポンサード リンク
         

関連記事

↑ページ上部へ

アクセスカウンター

今日 : 354 昨日 : 108

ブログ内容

主にウェブ関係のことを書いてます。たまにブレイクダンスとか他のことも書いています。

プロフィール

MICK

MICKです。

1983年1月24日生まれ。ウェブの世界にいるのは、偶然のようで必然なのかも。

好きなこと :
 挑戦すること。物事に没頭すること。勉強すること。
嫌いなこと :
 自慢話を聞くこと。人の悪口を言うこと。

運営サイト

      

カテゴリ一覧

サイト広告

オススメの書籍とか

感想

紹介

色々

最近のコメント

最新記事

注目記事

人気記事

最近の人気記事

人気の記事

関連サイト

運営サイト

色々

最近のトラックバック