[さくらサーバー] Google,Yahoo検索エンジンのインデックス削除の原因

1108 回閲覧 このエントリーをはてなブックマークする この記事のブックマークユーザー 永続的リンク2014/04/09 16:02:20 カテゴリ: 最近の出来事, サーバー関係, レンタルサーバー, 検索エンジン
スポンサード リンク

先日、さくらサーバーを使っている方から連絡があって、「会社名で検索してもホームページがヒットしなくなった」とのこと。

まずは、調べてみる

最初に話を聞いてから、色々と原因を調べた流れ。
ページを確認したところ問題なく表示されている。site:URLで検索すると確かにトップページを含め30ページ近くあるページのほとんどがインデックスから消されている模様。
ソースの記述やhtaccessで検索ロボットを拒否しているということもなさそう。

さらに調べてみる

ウェブマスターツールに登録していないので、登録しようと認証しようとしたら、何故か正しく認証してくれないという現象が発生。
ここで、ん??と思って、サーバー側でブロックがかかってるのかなぁと思い検索すると、


ありました。


特に今回は、さくらサーバーでhtmlファイルでPHPを動かしているところのみ、この現象が起きていた。
どうも2014年3月20日リリースの「レンタルサーバサービスのセキュリティ強化(国外IPアドレスフィルタ設定)完了のお知らせ」にある

■制限範囲
 ・FTP
 ・SSH
 ・SMTP(SMTP認証、POP before SMTP時)
 ・WebDAV
 ・HTTP、HTTPS のうち以下のアドレス
   /wp-admin/
   /phpmyadmin/
   wp-login.php
   mt.cgi
   admin.cgi
   php.cgi 等

にphp.cgiが含まれているのが原因。


基本的にWPだったりphpmyadminだったりへのアクセスを遮断してくれているのだが…… そう、
問題は php.cgi が含まれている点なのだ。

そして、もう1つの問題点はフィルタされる「国外IPアドレス」にgoogle先生のbotのIPが含まれているという点。

その結果どうなるかというと……

Googlebotが、php.cgiを使っているさくらのサーバー上のサイトに訪れると、403が返され、当サイトはGoogleのインデックスから姿を消す。




ということで、まずはIP制限をOFFにして、ウェブマスターツールに無事認証が出来ました。
そのあとウェブマスターツールからインデックスを復活させるという流れで、2日立って今までの状態にもどったとさ。


さくらの国外IPフィルタの設定方法はこちらから


 →ツイッターのフォローはこちら
スポンサード リンク
         

関連記事

↑ページ上部へ

アクセスカウンター

今日 : 27 昨日 : 71

ブログ内容

主にウェブ関係のことを書いてます。たまにブレイクダンスとか他のことも書いています。

プロフィール

MICK

MICKです。

1983年1月24日生まれ。ウェブの世界にいるのは、偶然のようで必然なのかも。

好きなこと :
 挑戦すること。物事に没頭すること。勉強すること。
嫌いなこと :
 自慢話を聞くこと。人の悪口を言うこと。

運営サイト

      

カテゴリ一覧

サイト広告

オススメの書籍とか

感想

紹介

色々

最近のコメント

最新記事

注目記事

人気記事

最近の人気記事

人気の記事

関連サイト

運営サイト

色々

最近のトラックバック